借金問題で頭を抱えている人は多い

初めはちょっとのつもりでお金を借りたのに、気がつくとまた借りて、お金を返してというのを繰り返していくうちに、借金が膨れ上がってしまったという人は意外と多いものです。返せなくなった借金は、早めに手を打たなくてはいけません。

任意整理と自己破産の違い

借金の総額が減る

任意整理というのは、取引期間の利率が法定利率を超えていた場合に、法定利率で計算をし直して過払い金があるかどうかをチェックします。これを行えば借金の総額が大きく減ることになりますし、借りていた期間が長ければ長いほど、お金は減額されるでしょう。

裁判所に申立てをして返済義務を消滅させる

自己破産は裁判所に申立てを行う他、金融業者は取立ての行為が制限されます。請求をストップさせることが出来る上に全ての手続きが完了したら返済義務は一切なくなる仕組みとなっています。

債務整理を済ませて借金問題を全解決【弁護士に依頼する心得】

書類を書く

過払い金の有無を確認しよう

長年借金に苦しんでいる人は、もしかしたら過払い金が発生しているかもしれません。過去に払いすぎた利息を返還してもらう事が出来ますので、すでに借金を完済している人でも対象です。但し、最終返済日が10年過ぎている場合には、時効が成立している恐れがあるため、出来る限り早く過払い金の有無を確認したほうが良いでしょう。

お金

借金の返済が厳しい場合は債務整理

借金を返済したいという意思はあっても、収入とのバランスが崩れていて思うように返済が出来ない場合には、直ぐに債務整理を弁護士に依頼しましょう。債務整理は借金減額を行うための手段であり、過払い金請求や任意整理、自己破産や個人再生など様々な種類があります。弁護士と相談をして、自分に合った方法を見つければ、必ず良い結果を得られるでしょう。

債務整理を依頼する弁護士選びで見ておくべきポイントベスト3

男性
no.1

債務整理を専門にしているか

弁護士に依頼するのであれば、当然ですが適当に選んではいけません。債務整理をするのであれば、債務整理に詳しい弁護士を選ばなくては苦労する恐れがあります。ホームページをチェックする際には、必ず事例などを確認して、安心して信頼出来るかどうかというのを自分の目で見極めて下さい。

no.2

無料相談を受けよう

弁護士を決める前に、殆どの弁護士事務所で無料相談を実施しています。実際に無料相談を受けてみて、好印象だったかどうかというのも見極めるポイントの1つとして挙げられます。高圧的だったり、料金の話しかしなかったりするなど、少しでも自分に合わないなと感じた場合には、その弁護士事務所とは契約をしないほうが良いでしょう。

no.3

報酬は書面で確認しよう

弁護士報酬というのは、着手金や成功報酬などを含めた手続き費用なども含まれますが、決して安くはありません。ですので、契約をする前に必ず書面で金額を確認しましょう。また、支払いが苦しいという人のためにも、分割払いや後払いに対応しているかどうかというのも事前に確認しておくと、トラブルを回避する事が出来るでしょう。